PGAシステム(プランスゴールドアービトラージ)は平均月利20%!?実際に稼げるのか?

こんにちは松山です。プランスゴールドホールディングスが2020年5月23日にグランドオープンする高性能暗号資産プラットフォーム・プランスゴールドアービトラージ(Prance Gold Arbitrage)が日本で先行して公開されました。

平均月利が15〜20%と非常に高く、投資額に対する利益回収にかなり期待が持てるプラットフォームになっているようです。

今回は、プランスゴールドアービトラージ(Prance Gold Arbitrage)の先行公開に合わせて、こちらの投資システムの特徴や魅力などについて、どこよりも分かりやすく解説をしていこうと思います。

プランスゴールドホールディングスの概要

プランスゴールドホールディングズは、インド洋に浮かぶ115の島々からなる島国セーシェルにて設立されました。

セーシェルという土地で設立されたのは、この国がタックスヘイブンであるため。プランスゴールドホールディングスはまだまだ若い企業ではあるものの、新進気鋭の社員で溢れ、投資システム・資産運用システムの構築に期待されています。

そもそもプランスゴールドホールディングスは科学技術と透明性をコンセプトに、個人と企業のデジタル資産の成長をサポートすることに専念している会社のようです。従業員は66名とそこまで大きな会社ではないが、資本金はおおよそ50億円、2020年の累計取引資金は6360万ビットコイン、予備資金は15億円を超えています。

プランスゴールドアービトラージ(Prance Gold Arbitrage)とは

それでは、本記事のメインであるプランスゴールドアービトラージ(Prance Gold Arbitrage)について詳しく説明をしていこうと思います。

アービトラージとは?

そもそもアービトラージとは何かについてまずは理解していただければと思います。

アービトラージとは、暗号資産市場において資産を購入して、別の市場で購入時よりも高い価格で資産を売却すること。また、その価格差から利益を得て、トレーダーにリスクのない利益をもたらすことです。

安価な暗号資産を購入することができれば、それをさらに別の市場で高く売ることができます。これは非常にシンプルかつ危険性のない取引であり、トレーダーが持ちうる裁定機会をフル活用することができる方法です。

プランスゴールドアービトラージ(Prance Gold Arbitrage)のメリット

アービトラージ自体はすでに多くのトレーダーがおこなっていることでしょう。では、プランスゴールドアービトラージ(Prance Gold Arbitrage)を利用するメリットは何なのでしょうか?

これは逆に従来のアービトラージのデメリットを抑える方が理解しやすいです。

従来のアービトラージでも複数の取引所を経由する中で生まれる差益で儲けを出すことができるのですが、送金時間がかなりかかるため、約定予約価格が下落してしまうという危険性があるのです。つまり売った際には利益が出る計算でも送金時間によって生じるラグのせいで、損益が発生することもあり得るんですね。

一方で、プランスゴールドアービトラージ(Prance Gold Arbitrage)はどうか?

プランスゴールドアービトラージ(Prance Gold Arbitrage)では三角アービトラージというシステムを採用しており、これによって同じ取引所内の両替差益から収益を得ることができるようになっています。

重要なのは同じ取引所内であるということで、複数の取引所を経由しないことによって、送金時間がかからず、約定予定価格で決済が可能となっているという点です。

JUBILEE ACEとの違いは?

ちなみにプランスゴールドアービトラージ(Prance Gold Arbitrage)のように、同じ取引所内でアービトラージできる企業はほかにJUBILEE ACEしかありません。

では、プランスゴールドアービトラージ(Prance Gold Arbitrage)を使うか、JUBILEE ACEを使うかはトレーダーの好みなのでしょうか?

一切、そんなことはありません。

プランスゴールドアービトラージ(Prance Gold Arbitrage)でアービトラージできる取引所は、BINANCE・Huobi・BITFINEXの3社であるのに対し、JUBILEE ACEはBINANCEしか利用することができないからです。

アービトラージできる取引所が1社しか使えないJUBILEE ACEと、3社を使うことができるプランスゴールドアービトラージ(Prance Gold Arbitrage)では、圧倒的に後者の方がメリットがあります。

プランスゴールドアービトラージ(Prance Gold Arbitrage)を使用しない理由はもはやないと言えるのかもしれません。

プランスゴールドアービトラージ(Prance Gold Arbitrage)の特徴

ここまでプランスゴールドアービトラージ(Prance Gold Arbitrage)を使用するメリットについていくつか紹介をしてきたが、次に特徴について詳しく解説をしていこうと思います。

プランスゴールドアービトラージ(Prance Gold Arbitrage)の特徴は以下の点です。

  1. 投資家に7時間の投資プログラムを提供している
  2. アービトラージを同一取引所内でおこなえる
  3. 三角アービトラージが可能
  4. 大手取引所5社を利用可能
  5. 5,000種類の通貨ペアで取引が可能
  6. 1日3回8時間ごとに取引(=利益の配布)が可能
  7. 入金初日から利益の受け取りが可能

三角アービトラージとは?

ちなみに三角アービトラージとは、3つの通貨ペア間の市場の非効率性を利用して相殺取引をおこなうものです。三角アービトラージをおこなうことで先述の通り、送金時間の問題が解決でき、ローリスクの取引が可能となります。

たとえば、以下のようなレートの3通貨ペアがあったとします。

1BTC = 2ETH
2XRP = 1BTC
1ETH = 2XRP

ここで三角アービトラージをおこなうとすると…

まず1BTCを2ETHにトレードする。
次に2ETHを4XRPにトレードする。
最後に4XRPを2BTCにトレードする

お気づきと思うが、三角アービトラージによって瞬時に1BTCが2BTCになって返ってくるというわけなのです。このような三角アービトラージを複数の取引所でおこなえるのが、プランスゴールドアービトラージ(Prance Gold Arbitrage)の強みなんですね。

PGAシステム(プランスゴールドアービトラージ)

今回は、プランスゴールドアービトラージ(Prance Gold Arbitrage)の先行公開に合わせて、こちらの投資システムの特徴や魅力などについて、どこよりも分かりやすく解説をしてきました。これまでトレーダーの間では、送金時間によって約定予約価格が下落してしまうというリスクからアービトラージをしてこなかったという人もかなり多いようです。

プランスゴールドアービトラージ(Prance Gold Arbitrage)はそういった問題を一挙に解決するだけではなく、たしかな信頼性・透明性を保証している運営がウリです。日本でプランスゴールドアービトラージ(Prance Gold Arbitrage)が先行公開されたことによって早くから参加することができるようになっています。

ぜひ、これを機に興味がある方は参加してみてもいいのかもしれません。公式ページを記載しておきますのでご確認お願いします。

「副業」は、「怪しそう」「稼げない」といった マイナスなイメージが現実です。

"今の給料では足りない・給料が上がらる見込みが薄い"

"自分に合った副業がわからない"

"起業・独立をしたい"

"新しいことにチャレンジして自分を変えたい"

"すぐにでも副業をしたい"

その気持を煽って悪質な副業が蔓延しているのも事実です。。。

ただし正確な情報はあります。

読者のみなさんが本当に稼げる状態になっていけるようLINEで相談受付けます。

今を変えるには、行動力しかありません。

一歩踏み出す勇気さえあれば、私がお手伝いします。
LINEへお返事ください。
友だち追加
関連キーワード
仮想通貨の関連記事
  • 【吉田真一郎・市川琢也・菅谷安利】|月刊仮想通貨2020会議は詐欺なのか?本当に稼げるのか?
  • PGAシステム(プランスゴールドアービトラージ)は平均月利20%!?実際に稼げるのか?
  • 水谷悠一|通貨革命2020は詐欺なのか?本当に稼げるのか?
  • 久保優太|Horos(ホロス)は詐欺なのか?本当に稼げるのか?
  • SAKURAウォレット|鈴村愛香(すずむらあいか)は詐欺なのか?本当に稼げるのか?
  • 尾張勝美(おわりかつみ)|アースプロジェクトは詐欺なのか?本当に稼げるのか?
おすすめの記事